東京虎ノ門で根管治療なら

〒105−0001 東京都港区虎ノ門1−15−7 TG115ビル8階
銀座線 虎ノ門駅4番出口徒歩3分

診療時間
9:00~17:00 × ×
休診日
土曜、日曜、祝日  

ご予約・お問合せはこちら

03-3504-3120

当院の虫歯治療

当院ではマイクロスコープを用いた、なるべく神経を残す治療を実践しています。

マイクロスコープを使った神経を残す治療

歯の神経を取ってしまうと、歯に栄養がいきわたらなくなり、歯がもろくなってしまいます。もろくなると折れたり欠けたりするリスクが高まります。そんなことにならないよう、当院ではできるだけ歯の神経を保存する治療を心がけています。

マイクロスコープを用いた丁寧な虫歯治療

当院は、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した虫歯治療を行っています。 カリエス検知液という、虫歯の部分のみを識別する薬液で染色したら、マイクロスコープを用いて肉眼では確認できない細部まで虫歯部分のみを丁寧に取り除きます。虫歯の取り残しもありません。

神経を保存できる特別な治療

虫歯が重症化して神経(歯髄)まで病巣が達した場合は、神経をとって根の治療(根管治療・根幹治療)を行うのが一般的です。しかし、当院の神経を残すかどうかの診断基準は、日本よりも厳しいアメリカの診断基準よりもさらに厳しいもの。日本の一般的な歯科医院では神経を取ってしまうケースでも、当院なら残せる可能性があります。

厳しい条件下でも神経を残すことを可能にするのが、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密な診断と治療、そして殺菌効果や封鎖性の高い「MTA」及び「バイオセラミックス」という特別な材料です。

当院では神経を保存するために、従来から3mixやドッグベストセメントという材料をいち早く取り入れてきました。しかし今では更に治療結果の信頼性が高く、体になじみやすい「MTA」及び「バイオセラミックス」を用いています。

さまざまな材料を用いた豊富な治療経験から、効果の高い材料を厳選して使用し、できる限り神経を残して、ご自身の歯を長持ちさせる治療を行っています。

「神経をとらなければいけない」と診断された方も、ぜひ当院にご相談ください。

料金表

  価格
虫歯(感染部)を除去し、神経の保護をする処置 100,000円(税別)

※別途、衛生管理費 2,000円/1回が毎回かかります。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

マイクロスコープを用いた精密な歯科治療(顕微鏡歯科)をご提供。ご予約もお気軽にどうぞ。

03-3504-3120

診療時間

× ×

9:00~17:00

休診日:土曜日・日曜日・祝日

アクセス

03-3504-3120

〒105−0001
東京都港区虎ノ門1−15−7 TG115ビル8階
銀座線 虎ノ門駅4番出口徒歩3分